命あるもの・・・必ず死が訪れます。
お母さんのお腹の中から出て、生まれた瞬間から死へと向かって生きていくのです。
人それぞれ、犬や猫・・・ペットなどもそうですが、寿命というものがあり遅くても早くても、あの世に向かいます。
怖がることも恐れることもありません。
家族、友達、恋人など身近にいた人が亡くなってしまうと本当に辛く悲しいものです。
見えなくなってしまう・・・
肉体がなくなってしまう・・・
存在がなくなってしまう・・・
形がなくなれば寂しく、悲しいでしょう。
いづれは行かなくてはならない所、みんなが行く所です。
お世話になった人、大好きなあの人、可愛がっていたペット・・・また、あの世で逢えるのです。
だから、悲しいことではないのです。
だけど、自分で命を絶つことは絶対してはいけない。
自分で命を絶つこと、永遠に真っ暗な世界で苦しみを持ったまま誰にも会えずに、
終わることのない苦しみから逃れることはできないのですから・・・。
死を恐れずに、頂いた命を一生懸命に生きましょう!!

 

寿命を全うしなかった方のお話です。

毎日毎日、同じことの繰り返しで、生きていたら辛いことばかりで、
どうして生きているんだろう・・・
どうして生まれてきたんだろう・・・
生きていく為の理由がわからなくなって・・・
生きていくことに疲れて・・・
死んだら楽になれる・・・と思って死んでしまったけれど、死んでしまっても何も変わらなかった・・・
それどころか、肉体が無くなり、生きていた頃よりも辛くて辛くて、
こんなはずではなかった・・・
とても後悔している・・・
と寿命を全うしなかったほとんどの方がおっしゃっています。
生きていたら、どうにかなるものです。
死んでしまってもあなたの辛い気持ちは解決されません。
この世の辛いことから逃げ出したけれど、今度は永遠に逃れられないのです。

何があっても、どんなことがあっても、寿命を全うしてください。
悲しむ人は、必ず、いるのだから・・・。