こんにちはHappy Soul Healing スピリチュアルヒーラーのKOKOROです。
毎日、暑い日が続きますね。

『山脈の法』というものをご存知でしょうか?
これは、人間の体の三か所の脈を診て24時間以内に命にかかわる危機、災いがあるかを教えてくれる方法です。

詳しくは↓↓↓

致命的な災難を避けることができる、古来から伝わる命の危機を回避する予知法です。

人は、いつ何時災難に見舞われ、命を落としてしまうかわからないものです。
動物たちは、地震、風水害など天災が起こる直前、直感で大移動したり異常な行動をとったりします。
本当は、私たち人間の潜在意識も近い未来に降りかかる災難を知っています。
何となく気が進まない、イヤな予感がすることがあります。
これは、未来に起こる災いの予感をキャッチしているからです。
しかし、いつでもその予感が働くわけではありませんし、誰でも感じられるわけでもありません。
誰でも簡単にできる潜在意識からの信号を生体機能が感知して知らせる方法があります。

その方法を「三脈の法」といいます。
この「三脈の法」を知っていると命の危機を避けられることができる場合があります。
実際にこの方法で何人もの方が本来遭うべき難から逃れています。

やり方は・・・
どちらの手でも構いませんので、のど仏を軽く挟むように左右の頚動脈に指を当てます。
もう一方の手で、のどに当てた手の「手首」の脈をとります。
この三つ(右頚動脈、左頚動脈、手首)の脈が一致しない、バラバラに打っているなら24時間以内に命にかかわる危機に災いに見舞われることを意味しています。
通常は頚動脈(お医者さんが首のリンパが腫れていないか触るところ左右2個所)と手首の動脈の3個所の脈は必ず一致しています。
ところが一致しない場合があり、これを「死脈」といいます。

危険を感知したら近くに居る人にも聞いてみて、同じ様に脈が一致しなければその場所が危険だという事です。
自分だけが感知していたら予定を変更してみましょう。
どこかへ出かける予定がある場合は、出先で災いに遭う可能性が大きいので予定を変更して家にいる方が良いでしょう。

私もよく山脈の法はしますが、実際やってみて脈がバラバラに打っていたら怖いな(( ;゚Д゚))、と思いながらもドキドキしながらやっています。
でも、地震、災害、事故、事件、事故、病気など命にかかわる危機を事前に知ることで回避できますので、お出かけの時など是非、やってみてください。

今日一日が、皆さんにとって素敵な一日になりますように・・・