お母さんの存在

子どもにとって母の存在はかけがえのないものです。
幼いころは、魂が純粋なので、母の考えていることや思いなどもそのまま全て子どもに伝わります。
良いことならいいですが、良くないことは子どもにとってよい影響を与えません。
心を不安にし、夜泣き、夜尿症、爪を噛んだり・・・発達に影響を与えます。
母の心ひとつで、子どもは大きく変わりますし、母の素敵な言葉ひとつで子どもの心を大きく変えます。
母は偉大で、母の言葉は絶大な魔法の言葉になります。

 

お母さんの手料理

お母さんの手料理は、どんなものよりもなによりも凄いパワーフードになります。
辛いとき・・・
寂しいとき・・・
心が疲れたとき・・・
どうしようもなくなったとき・・・
また、元気になりたいとき・・・
力が欲しいとき・・・
安定が欲しいとき・・・
不思議ですが、お母さんの作った食べ物に子どもに必要なパワーが入ります。
反抗期、思春期の子どもを持つお母さんは毎日、思いを込めた美味しい手料理を作ってあげてください!!

手料理を作ってあげてください!!